• ホーム
  • まつ毛美容液であるルミガンとケアプロストに副作用の差はある?

まつ毛美容液であるルミガンとケアプロストに副作用の差はある?

美しい女性

まつげ育毛剤である先発医薬品ルミガンとジェネリック医薬品のケアプロストは、同じ有効成分を持つためまつげの育毛に高い効果を発揮してくれます。医薬品であることから副作用も持ち合わせていますが、同様の有効成分であることからそこに大きな差はありません。

妊娠中や授乳中の女性や小児の使用は控えるべきであり、成分の安全性が確率されていないためです。ルミガンやケアプロストは小児の手の届かないところに保管をすること、太陽の直射日光も避けて保管は室温で行います。主成分ビマトプロストが妊娠中や授乳中に作用するか、不明であることから、この期間は使うべきではありません。

主な副作用としては使用時に薬液が目の中に入ることはありますが、目の充血が起きることがあります。かゆみが生じたり、いつもよりも多く目ヤニが出るなどの症状です。ただしかゆみや充血などに関しては、一時的なものですから時間の経過と共に症状は治まります。目に焼き液が多少入ったとしても、もともと緑内障治療で使われる点眼薬の成分なので、あまり心配をすることはありません。

まぶたや皮膚に色素沈着を起こす事がありますが、有効成分であるビマトプロストの働きによるものです。メラニン色素の生成を活性化させることも、有効成分ビマトプロストの作用であるため、皮膚に成分が付着したまま放置すると色素沈着の原因になります。メラニン色素への働きかけをするので、まつげの根元のみに使うことで、黒くて丈夫な毛に育てることができますが、それ以外の皮膚に付着をすると色素沈着になるので要注意です。

皮膚に無駄な黒ずみをつくらないためにも、ルミガンやケアプロストの薬液を塗布した後、余分な皮膚に付着した薬液は、必ず拭き取るようにします。

目の痛みや紅斑に結膜充血など、誤って目に薬液が入ることで、考えられる副作用はいくつかありますし、皮膚への色素沈着にも注意は必要です。また有効成分となるビマトプロストに対して、明らかな過敏症がある人も使用をするべきではありません。

眼内レンズ挿入眼や無水晶体眼の患者、硝子体手術など眼手術の既往のある人、65歳以上の高齢者は、使用をする前に必ず医者に相談をすることです。ラタノプロスト含有点眼剤や、プロスタグランジン系点眼剤などを服用している人も、事前に医者に相談をする必要があります。

安全に使うためにもルミガンやケアプロストは、正しい使い方をすることで、まつげ育毛剤としての本来の働きを発揮することが出来る医薬品です。

関連記事
まつげを育てるならジェネリック医薬品であるケアプロストでお得に! 2019年09月26日

理想的なまつげを育てるためにも専用育毛剤を使うのは良い方法です。ルミガンのジェネリック医薬品ケアプロストならお得に使うことができます。先発医薬品のルミガンと同じビマトプロストが有効成分として使われており、美しく丈夫なまつげに導く専用医薬品です。もともと高眼圧症や緑内障治療に使われていたのがビマトプロ...

綺麗なまつ毛と美肌で自信を持って歩くためにプラセンタを 2019年11月11日

透き通るような白く弾力のある美肌と綺麗なまつげを手に入れるためにも、プラセンタを使うのは良い方法です。英語では胎盤のことをプラセンタといいますが、ママと胎児をつなぐ大切な臓器であり、赤ちゃんが元気にお腹の中で成長をするために必要になります。ママの体内に最初から備わってるのではなく、子宮内壁に受精卵に...

トレチノインとハイドロキノンどちらも含有している夢の薬が存在する 2019年11月29日

ピーリング効果を持つトレチノインと、肌の漂白作用に長けているハイドロキノンの、両方の成分を含有している薬は、美白と美肌を叶えるために大活躍します。片方だけはなく両方の成分を併用して使うのが美肌のためには効果的であり、シミやそばかすに小じわなどの肌トラブルを改善するために役に立つ成分です。それぞれに強...

本物のまつげ育毛剤を個人輸入で買う方法 2019年10月27日

ドラッグストアやコスメショップで市販されているのは、まつ毛美容であり、医薬品を含むものではありません。本物のまつげ育毛剤を入手するなら、病院での処方か個人輸入を利用する方法です。気軽に購入できるのが一般店舗に市販されているまつげ美容液ですが、まつげ育毛剤と同様の働きをすることは出来ません。医薬品であ...