• ホーム
  • トレチノインとハイドロキノンどちらも含有している夢の薬が存在する

トレチノインとハイドロキノンどちらも含有している夢の薬が存在する

ピーリング効果を持つトレチノインと、肌の漂白作用に長けているハイドロキノンの、両方の成分を含有している薬は、美白と美肌を叶えるために大活躍します。片方だけはなく両方の成分を併用して使うのが美肌のためには効果的であり、シミやそばかすに小じわなどの肌トラブルを改善するために役に立つ成分です。

それぞれに強みには違いがあることから、併用をするのが最も良い方法といえます。でも肌トラブル解消のために、片方の成分だけ配合の医薬品を使うより、1つに含まれていた方が手軽ですし、コストもそれだけ掛かりません。

塗り薬を使うことで外科的な処置となる、美容クリニックを利用してのレーザー治療や光治療を受けることもないです。それに劣らないほどの働きを、両方の成分を含むお薬なら実現することができます。

強力な美白成分として皮膚科でも処方されることのあるハイドロキノンは、肌の漂白剤とも呼ばれるほどの実力です。これからできるシミの元のメラニン色素は、プラセンタやビタミンCでは完全に除去することはほとんどできません。

シミの予備軍にも働きかけることが出来るのがハイドロキノンであり、美白成分としても大変優秀です。プラセンタエキスやコウジ酸、アルブチンなどを含有する市販化粧品もありますが、美白への働きはハイドロキノンにはかないません。

表皮の深い層に存在しているメラニン色素を、積極的に排出させる力を持つのはトレチノインです。表皮の細胞を増殖させることが出来るので、遅くなりがちな皮膚代謝は順調に変わります。どんどん細胞が肌の上の方に押し上げられるので、同時に潜んでいたメラニン色素も持ち上がり、垢となって自然に剥がれていく流れです。

深い部分に存在をしていたメラニンは、新しい皮膚細胞が出いって一緒に押し上げられることで、およそ2週間から4週間で外へ出ていくことになります。人間の皮膚は一定の期間で生まれ変わりをしていますが、皮膚のターンオーバーを促進することでシミや小じわなども解消に近づくため、それを手伝うのがトレチノインです。

トレチノインを使うのであれば同時に強力な皮膚の漂白剤となる、ハイドロキノンを使わない手はありません。同時に使うことで新たなシミやそばかすの元になる、メラニン色素を強い力で作らせなくするためです。だからこそどちらの成分も含有のお薬が役に立つ事になりますし、メラニン色素のない白くてみずみずしさのある、理想の肌へ生まれ変わるためにも便利です。

関連記事
まつげを育てるならジェネリック医薬品であるケアプロストでお得に! 2019年09月26日

理想的なまつげを育てるためにも専用育毛剤を使うのは良い方法です。ルミガンのジェネリック医薬品ケアプロストならお得に使うことができます。先発医薬品のルミガンと同じビマトプロストが有効成分として使われており、美しく丈夫なまつげに導く専用医薬品です。もともと高眼圧症や緑内障治療に使われていたのがビマトプロ...

綺麗なまつ毛と美肌で自信を持って歩くためにプラセンタを 2019年11月11日

透き通るような白く弾力のある美肌と綺麗なまつげを手に入れるためにも、プラセンタを使うのは良い方法です。英語では胎盤のことをプラセンタといいますが、ママと胎児をつなぐ大切な臓器であり、赤ちゃんが元気にお腹の中で成長をするために必要になります。ママの体内に最初から備わってるのではなく、子宮内壁に受精卵に...

本物のまつげ育毛剤を個人輸入で買う方法 2019年10月27日

ドラッグストアやコスメショップで市販されているのは、まつ毛美容であり、医薬品を含むものではありません。本物のまつげ育毛剤を入手するなら、病院での処方か個人輸入を利用する方法です。気軽に購入できるのが一般店舗に市販されているまつげ美容液ですが、まつげ育毛剤と同様の働きをすることは出来ません。医薬品であ...

まつ毛美容液であるルミガンとケアプロストに副作用の差はある? 2019年10月08日

まつげ育毛剤である先発医薬品ルミガンとジェネリック医薬品のケアプロストは、同じ有効成分を持つためまつげの育毛に高い効果を発揮してくれます。医薬品であることから副作用も持ち合わせていますが、同様の有効成分であることからそこに大きな差はありません。妊娠中や授乳中の女性や小児の使用は控えるべきであり、成分...